お金を借りる前に|親族への相談

お金がなくて困っている場合。何が原因でお金がないのか、原因を追究することも重要なことです。例えば収入に応じた生活ができていない場合、贅沢はやめて自分の収入に合った生活を送りましょう。他にも、仕事が思うようにうまくいかず転々としている為にお金がなかなかたまらない。仕事については我慢が必要です。嫌なことも多いですが仕事をしなければお金は入ってきません。ストレスの発散をうまくして仕事は仕事と割り切れるようにしましょう。しかし、すべてがうまくいかずふさぎ込んでしまったら、自分一人の力で生きていけなくなってしまったら・・・。そんな時、頼れるところに頼りましょう。親や親せき、兄弟などにすべてを説明してしばらく仕事ができるようになるまで面倒を見てほしいと伝えるのです。しかし、甘えるために頭を下げるのではなく自分でしっかりと生活していけるようになる努力をする間支えてほしいと伝えて、社会に出るまでを支援してもらえるか相談にのってもらいましょう。人に頭を下げることはプライドが高い人だととても嫌なことです。しかし、お金がなければ生活はできませんし簡単にお金も入ってきません。お金がなくて困っている時、闇金に引っかかってしまったら後に大変なことになってしまいます。恐喝のような取り立てをされることもあります。仕事がうまくいかない、人と付き合うのが下手だ、何をしてもうまくいかない。人生は長いのでそんな時もあります。自分が支えてもらったらその分お返しをすればいいのです。長い人生人との助け合いで成り立ちます。自分ができない時は誰かに助けてもらい、自分がうまく回っている時は周りの人を助けてうまく生きていきましょう。